試飲コーナー

スペインワイン、発見!

Viva!スペインワイン

Madrid (1)
ビノス・デ・マドリッドの赤ワイン

Castilla - La Mancha (1)
Navarra (4)
エル・リンコンEl Rincon

Dominio El Rincon
ドミニオ エル・リンコン

Marques de Grinion
マルケス・デ・グリニョン
Cosecha 2010
(D.O. Vinos de Madrid)

3,960円
《関連商品取扱会社》
・スコルニ
・稲葉
WebShopスペインワイン、発見!

野生と優雅さが共存する、公爵ご自慢の赤ワインです。

エル・リンコンの畑は、スペインの首都マドリードからほど近いアルデア・デル・フレスノに位置します。1850年にホセ・マンサネード伯爵によって購入された土地です。ガルナチャ・ティンタ、ガルナチャ・ティントレラの植えられた畑面積は、20世紀にその多くが失ってしまったものの、19世紀には100haにも及んだといいます。1994年、ドミニオ・デ・バルデプーサのオーナーであるカルロス・ファルコが叔母のパロマ・ファルコ・マンサネード伯爵夫人よりその所有権を譲り受け、1999年にここをメインの邸宅としました。ブドウ畑はトレドのドミニオ・デ・バルデプーサと同様のシステムを導入した垣根仕立てにし、丹精込めた繊細な手入れと最新の技術によってつくられるワインは、バランスのとれた申し分のない出来となっています。

ブドウ品種はシラー90%、ガルナッチャ10%。まず熟したプラムの果実やキャラメルの香りにこころ踊り、シラー種の野趣あふれる果実味に圧倒されます。野生味とエレガントさが共存するアロマは飲みごたえ充分。柔らかくて深みのあるタンニンも秀逸です。

マンサネド公爵ご自慢の赤ワインをぜひ召し上がってください。

Tagonius

TAGONIUS
タゴニウス

Bodegas Tagonius,S.L.
Crianza 2005
(D.O. Vinos de Madrid)

3,400円
《関連商品取扱会社》
・ミナトワイン


重厚、肉厚ボトル、長いコルクとくると、ついつい期待してしまう。ひと口、予想に反して仄かな甘味があって飲みやすい。エレガントなコクと味わい。乱れない。スーッと一本筋が通っている。余韻も穏やかで長続きするのが好ましい。味わいはリッチでモダン、フィルタリングしていなので、瓶底にはかなりオリ。すごい上げ底の理由がわかります。といって決してワイルドといった味でなく、むしろ楚々として控えめなお嬢さんタイプ。たまたま寄った酒屋でゲットしたものですが、この出会いはラッキーでした。
後日、来日したボデガの人に聞くと、日本にはまだ輸出してないとか。どのようなルートで入ってきたのか???。ちなみにブドウ品種はテンプラニーリョ(tempranillo)、カベルネ・ソービニヨン(Cabernet Sauvignon)、シラー(syrah)です。このボデガのあるアルガンダ(Arganda)地域は首都マドリッドにも近く、タホ川の支流タフーニャ川(Rio Tajuna)そばに位置し、気候は典型的な大陸性気候。マドリッドの企業グループが投資して作ったボデガで、同じブランドで他にもシラー(syrah)、メルロー(merlot)100%の単一品種のワインも作っているそうです。

DUAN

DUAN
ドゥアン

Bodegas Ricardo Benito,S.L.
Cosecha 2004
(D.O. Vinos de Madrid)

《関連商品取扱会社》
・日本未発売


グラスに注がれた液体は暗い赤茶色。チョコレートのような甘美な香りが匂い立つ。8カ月の樽熟を経た味わいはトーストのかぐわしさが口に広がる。ブドウ品種はテンプラニーリョ(tempranillo)60%、メルロー(merlot)20%、カベルネ・ソービニヨン(Cabernet Sauvignon)10%、ガルナッチャ(garnacha)10%。フィルタリングしてないため、最後はグレープジュースのような混濁を呈している。少し酔ったか、ボトルは重い。1940年創業、ラ・マンチャにほど近いナバルカルネロ(Navalcarnero)にあるベニート家が醸した一本です。

exun

EXUN
エクスン

Vinos y Aceites Laguna,S.L.
ボデガス・ラグーナ
Roble 2010
(D.O. Vinos de Madrid)

Vinalitur 2013
《関連商品取扱会社》
日本未発売


四角っぽいボトルのカタチがユニーク。グラスから立ち昇るスパイシーな香りは、甘味と凝縮感を予感させる。ひと口、ブルーベリーの甘酸っぱさが口いっぱいに広がり、余韻が続く。ブドウ品種はテンプラニーリョ Tempranillo(70%)とカベルネ・ソービニヨン Cabernet Sauvignon(30%)を使用。8カ月のフランス樽熟成を経たロブレ Roble タイプです。14.5%と高いアルコール度数にもかかわらず、ほっこり飲みやすい。ボトルの裏面に漢字で「情熱」と記されているのにはビックリ!作り手のパッションを感じさせる一本です。
実はこのワイン、ヴィナリツール Vinalitur という日西商業会議所が年一回主催する展示会で試飲しました。このボデガはご家族で来日されていましたが、とても感じのいい穏やかな人たちでした。ラグーナ・ファミリーの掲げるパッションは「静謐さ」と「穏健さ」と、後で知りました。ギラギラしてないとこがなんかイイですね。

Lacuna

LacuNA
ラクーナ

Vinos y Aceites Laguna,S.L.
ボデガス・ラグーナ
Crianza 2010
(D.O. Vinos de Madrid)

Vinalitur 2013
《関連商品取扱会社》
日本未発売


上記と同じボデガのワインです。このボデガは、首都マドリッドのヴィジャコネッホス Villaconejos に三世代100年を超えてオリーブオイルとワインの両方を作る農家です。ヴァルデゲッラ Valdeguerra と呼ばれる150haの畑の気候は典型的な大陸性で、夏の恵まれた陽光がオリーブやブドウの果実の成熟を促します。土壌は石灰岩を含む粘土質で構成されていて、phは酸性。
ブドウ畑には、土着品種であるテンプラニーリョ(黒ブドウ種)とマルヴァール MALVAR(白ブドウ種)のほか、カベルネ・ソービニヨン種、メルロー種が植栽されています。このLacunaはテンプラニーリョ種を100%使用。フランスとアメリカ両方の樽で1年熟成、さらに瓶で1年熟成されで市場に出荷されます。Exunよりさらに高いアルコール度15%。色はレンガ色、味わいは凝縮感とエレガントさが共存。
そうそうこのボデガ、会員Socioメンバーになれば、名前入りシールの貼られたワイン24本とオリーブオイルを届けてくれるそうです。

Castilla - La Mancha (1)
Navarra (4)
楽天市場
ワインジャンルトップで探す
カスタム検索


スペインワインの産地(マドリードのワインについて) -歴史 - 種類 - 原産地呼称制度(DOC)


(c) Tomomi Inoue 1997-2016
制作:TOMOS-NETWORK,ink.