ヘレス(シェリー)

スペインワイン、発見!

 

DO Cava

ヘレス
Jerez

D.O. Jerez(ヘレス)

ヘレスには大きく異なる3種類の土壌があり、シェリー生産に最も重要な土壌はアルバリサalbarizaです。この土壌はチョーク質(石灰質)を非常に多く含んでいて、水はけは非常に良いが、地層が深いため、暑くて乾燥した夏でもブドウの木に必要な湿度を十分に保てます。ヘレス地域で認可されているブドウ品種には3種あり、パロミノPalominoが理想とされていますが、ペドロ・ヒメネスPedro Ximinez(PX)は特にモンティーリャ・モリレスMontilla-Moriles地区で甘口ワインに、またマスカット・オブ・アレキサンドリアMuscat of Alexandriaはアレナ土壌で最もよく生育し、PX同様甘口ワインの原料として使われます。
さて、シェリーにはソレラSoleraシステムと呼ばれる有名な熟成システムがあるのをご存知でしょうか?このシステムは実にユニークで、熟成段階の異なるワインが入った樽が、熟成レベルに応じて積み上げられていて、それらを順次ブレンドすることで、スタイルと品質が安定したワインを造りあげます。こうすることで、古いワインの力強さと、若いワインの新鮮さが組み合わさり、時にバランスの取れた甘みが加わるのです。
種類は豊富で、ドライ・シェリーとして知られるフィノFino、オロロソOloroso、アモンティリャードAmontillado、パロ・コルタドPalo Cortado。ナチュラル・スイート・シェリーとして、ペドロ・ヒメネス(PX)、モスカテルMuscat。ブレンド・シェリーとして、ペール・クリームPale Cream、ミディアム・シェリーMedium Sherry、クリーム・シェリーCream Sherryがあります。また海辺の町、サンルカル・デ・バラメーダSanlúcar de Barramedaで熟成されるワインで、シェリーとは別のDOマンサニーリャ・デ・サンルカル・デ・バラメーダとして認定されているマンサニーリャManzanillaにも人気があります。
[Wines and Spirits (WSET刊)より一部抜粋]


試飲コーナーもご覧下さい!

JEREZ (1) D.O.サンルーカル・デ・バラメーダ/D.O.モンティージャ・モリレス/D.O.ヘレス

Solear,Barbadillo,C.B.,La Guita,Guitian,Albert i Noya,Vina Sempronia,Tio Pepe,Sainz de Baranda,Brut Zero


スペインワインの産地、発見!

アラゴン(Aragon) アンダルシア(Andalucia) エクストレマドゥーラ(Extremadura) カスティージャ・イ・レオン(Castilla y Leon) カタルーニャ(Catalunya) カナリア諸島(Canarias) ガリシア(Galicia) ナバーラ(Nabarra) バスク(Pais Vasco) バレンシア(Valencia) マジョルカ島(Mallorca) ムルシア(Murcia) ラ・マンチャ(La Mancha) マドリッド( Madrid) ラ・リオハ(La Rioja) カバ(Cava) ヘレス(Jerez)


(c) Tomomi Inoue, Noriko Horikoshi, 1997-2018
制作:TOMOSNETWORK