試飲コーナー

スペインワイン、発見!

Viva!スペインワイン

Navarra (4)
ナバーラの赤ワイン

Madrid (1)
Navarra (3)
ファミリア・オリンピアF.Olimpia

F.Olimpia Legado de Familia
オリンピア レガド・デ・ファミリア
Bodegas F.Olimpia, S.A.
(D.O. Navarra)

Foodex Japan 2014
《関連商品取扱会社》
・日本未発売


祖母の代から数えて3代目のお嬢さんがこのボデガを率いている。かつてはブドウを栽培するだけだったが、いまでは畑の土づくりからワインの醸造まで、家族経営ならではの目くばり、心くばりで管理している。すらっとモデルのような外見からは想像できない情熱があるのでしょうね。
で、このワイン、スミレのいい香りがします。グラスに注いだ色調は赤紫が少し進んだ感じで、しっとりキレイ。甘草、クローブ、白コショウのスパイスに、ニッキのような香りも。樽で寝かせた10か月間でこういったさまざまな樽由来の香りを身に付けるのだ。味わいは、イチゴ、ラズベリーなどの赤い果実が、時間の経過とともに皮革へと変わる。そうそう唾液を誘うような酸っぱさ、乾くような風味が、ガルナッチャなんですね。プリオラートではほとんどがブレンド用だったが、ナバーラのガルナチャは自信満々の100%使い。甘味もタンニンもあり、売れた果実の味わいもある。後には腐葉土や皮革の味わいもツンと残る。余韻として粉っぽさも残るが、祖母の遺産はしっかり受け継がれている気がした。

エル・テロイールEl Terroir

El Terroir
エル・テロイール

Domaines Lupier, S.L.
Cosecha/2010
(D.O. Navarra)

Foodex Japan 2014
《関連商品取扱会社》
・日本未発売


醸造家として15年の経験を持つエンリケ夫妻が作るワインは、ガルナッチャ種100%のLa DamaとEl Terroir。1903年に植栽されたブドウだ。このEl Terroirは、セカンドユースのフランス樽で15か月熟成。樽由来の香りはほどほどにといったところか。抜栓後しばらく放置しておくと、むせるような芳しい香りが立ち込める。スパイスはシナモン、ブラックベリーの酸味もあり、果実味が凝縮されている。この酸っぱさ、唾液を誘う。味わいも口当たりも柔らかくて滑らか。デリケートなアロマとブラックベリーやシナモンが複雑に溶け込んだ味わいはエレガントでもあり。翌々日、チョコレート風味も加わり、さらにほっこりとうまくなっていた。

ナバエルスnavaelus

navaelus
ナバエルス

Bodega Navaelus, S.L.
Cosecha/2007
(D.O. Navarra)

1,523円
《関連商品取扱会社》
・株式会社稲葉
Web Shop「スペインワイン、発見!」

このサイトで度々紹介しているイヌリエータ Inurrietaの別バージョン。12ヶ月オーク樽熟成+12か月瓶熟成。色調は深みのある茶褐色。香りはスモーキー&スパイシー。甘美なカカオやベリー系の果実味が口中に広がり、いい味だしてます。このボデガのワイン、みんな凝縮感があって、好きだな。

プリンシペ・デ・ビアーナPrincipe de Viana

Principe de Viana
プリンシペ・デ・ビアーナ

Bodegas Principe de Viana,S.L.
Crianza/2009
(D.O. Navarra)

《関連商品取扱会社》



メルロー Merlot種を50%、残りはテンプラニーリョ Tempranillo種とカベルネ・ソービニヨン Cabernet Sauvignon種を25%ずつ使用。サクランボ、プラム、野生のイチゴとブルーベリーの香り。トーストやバニラ、ココナッツの味わいがワインに複雑さを与え、見事なバランスで出現しています。 味わいは半甘口でまろやか、タンニンはやや多め。後味にフルーツフレーバーが持続します。ま、ある意味、私の中での黄金比率。穏やかにおいしいのです。

Madrid (1)
Navarra (3)
楽天市場
ワインジャンルトップで探す
カスタム検索


スペインワインの産地(ナバーラのワインについて) -歴史 - 種類 - 原産地呼称制度(DOC)


(c) Noriko Horikoshi, Tomomi Inoue 1997-2014
制作:TOMOS-NETWORK,ink.