試飲コーナー

スペインワイン、発見!

Viva!スペインワイン

La Rioja (6)
リオハ
の赤ワイン

La Rioja (7)
La Rioja (5)
Rioja(リオハ)RODA

RODA ロダ I
Reserva/1997
Bodegas Roda, S.A.
(D.O.C.Rioja)

6,800円〜9,500円
《関連商品取扱会社》
・株式会社やまや
・有限会社シミズ


(Tomomi)
摩訶不思議なワインである。見事なまでのレンガ色と馥郁たる香り。一方では、鋭い酸味と埃っぽい雑味。こうしたバラバラな印象に加え、独特の苦味が残る。だが驚くことに、30分ほどたってからこのワインは真骨頂を見せはじめる。苦味は滋味に変わり、酸味は凝縮感のある濃厚さに包まれ、深層へと追いやられる。ワインの場合、時間とともに味わいが移ろうのは常であり、それが醍醐味でもあるのだが、これほど変わるのも珍しい。最後の一滴を飲み干す頃には、カカオっぽい後味も加わり一件落着。私を取り巻く空気が3℃ほど変わるのである。ガルナッシュ種を加えたものもあるそうだが、今回飲んだものはテンプラニーリョ種100%。この年8万リットル換算のボトルが出荷されているが、飲む人、飲むタイミングにより印象は相当違うんだろうな。

Rioja(リオハ)GAUDIUM

GAUDIUM ガウディウム
Reserva/1994
Marques de Caceres
(D.O.C.Rioja)

6,800円
《関連商品取扱会社》
・株式会社アルカン


(Tomomi)
ボトルは重く、コルクも長い。スパイシーであり、香り味ともにテンプラニーリョ種やね。ひとことで言うなら「マル」。マルというのは「円」でもある。つまり何の破綻もない。酸味があり、コクがあり、気品があり、飲みやすさもあり、グッドなバランス。マルケス・デ・カセーレスが作るスーパー・スパニッシュは、時代に添い寝するモダンタイプなのである。色は紫がすっかり消失したガーネットで、ほどほどの濃さがある割には、サッパリしている。マルどころか花マルやけど、破綻がないぶん、まとまり過ぎでつまらさない面も。一箇所でもメチャクチャに弾けていればなあ。

Rioja(リオハ)DALMAU

DALMAU ダルマウ
Reserva/1994
Bodegas Marques de Murrieta, S.A.
(D.O.C.Rioja)

9,000円〜13,000円
《関連商品取扱会社》
・株式会社ラック・コーポレーション
・株式会社やまや


(Tomomi)
ズシリと手ごたえのあるボトルは、色も濃く中身をうかがい知ることができない。レセルバを示すシールは、コルクの上部まで覆っている。漆黒のベールに包まれた珠玉の逸品か? 引き抜いたコルクがまた長いんだなぁ。まあ外観はこれくらいにして、グラスに注がれた香りは、私の鼻腔に柔らかく収まる。のど越しスムーズながら、ドッシリとしたブドウ果が胃の中で開花する。液体を口の中にまんべんなく行き渡らせると、来るわ、来るわ、いい凝縮感。でも一方では寝た子を起こした気分にもなる。この先、まだまだ円熟味を増し、辺りを払う存在感を見せる予感が。

Rioja(リオハ)JARRARTE

JARRARTE ハラルテ
Cosecha/1998
Abel Mendoza Viticultor
(D.O.C.Rioja)

3,000円
《関連商品取扱会社》
・株式会社やまや


(Tomomi)
少し濁り気味の暗赤色の色合いに、ミステリアスな思いを抱かせる。・・・が、味は意外にクリアで、タンニンがほどよく芽吹いている。テンプラニーリョ種の味に少しばかりのくすみを感じる。この一本に限って言えば、余韻はまだない。

Rioja(リオハ)ONDARRE

ONDARRE オンダーレ
Reserva/1995
Bodegas Ondarre, S.A.
(D.O.C.Rioja)

3,500円
《関連商品取扱会社》
・株式会社DF松栄


(Tomomi)
オレンジがかったザクロ色の液体は、薄い、軽い。チェリー系の香りがほんのり広がるが、味にコクはイマイチ。全体にのっぺりした印象を与えるのは、ブーケが立ち昇ってこないせいか。それとも甘過ぎかな?・・・3時間後、やっと力強さの兆しが表れてくる。樽に寝かされ、ボトルに閉じ込められ、行き場を失った香りと味がやっと目を醒ましたようです。

Rioja(リオハ)ABEL MENDOZA

ABEL MENDOZA
アベル・メンドーサ

Cosecha/1999
Bodegas Abel Mendoza Monge, S.L.
(D.O.C.Rioja)

7,000円
《関連商品取扱会社》
・株式会社やまや


(Tomomi)
コルク上部の真っ赤なプラスチックがアクセントになって、貼り付いている。まるで丹頂鶴ですね。この頭の真ん中にコルクスクリューを刺してご開帳。すると、テンプラニーリョの香りが穏やかに立ち上る。だが、ひとくち飲んでビックラ!流れるようなキメ細かさが、ノドを滑走する。シルクタッチの滑らかさといっては大袈裟か。酸味、果実味、カカオ風味、その時々でそれぞれの味わいが次々に明滅する。「Selaccion Personal」というだけあって、我が道を行くイメージ。決して飲みやすいだけのヤワじゃなく、リオハならでは、テンプラニーリョならでは、の蒸れたような味わいがノドにまつわりつく。この味イヤな人もいるだろうが、私は好きだな。翌日残りを飲んでみたが、蒸れたような味は影を潜め、スッキリとした果実味やしっかりしたハーブ香も出てきた。これはこれで、またヨロシ!

Rioja(リオハ)BARBERANA

BERBERANA ベルベラーナ
CORTA de ORO

Crianza/1996
Bodegas Berberana, S.A.
(D.O.C.Rioja)

1,700円
《関連商品取扱会社》
・株式会社稲葉
・株式会社イムコ


(Tomomi)
テンプラニーリョ種80%に、ガルナチャ種20%のブレンドである。ほどよい熟成香があり、のど元をスムーズにすり抜ける。味わい濃醇で、香りもフルーティ。スペインワイン独特のボトルを覆うネットは、最近めっきり減ったけど、なんかイイよね。野暮ったいという人もいるようだけど。

Rioja(リオハ)VALSERRANO

VALSERRANO
ヴァルセラーノ

Crianza/1997
Bodegas de la Marquesa, S.L.
(D.O.C.Rioja)

1,062円
《関連商品取扱会社》
・Cave de Relax


(Tomomi)
紫色はほぼ消えているが、一見して薄そう。飲んでみると案の定極めて薄いのだが、ほどよい甘さがイヤみなくスーッと入ってくる。舌には快いエグみも残る。いい兆しは射しているのだが、味はおしなべて単調。でもその分、クイクイいけそう。快活で、裏表がなく、誰にでも好かれる気のおけない友達って感じですね。悪い意味じゃなくて。

La Rioja (7)
La Rioja (5)
楽天市場
ワインジャンルトップで探す
カスタム検索


スペインワインの産地(ラ・リオハについて) -歴史 - 種類 - 原産地呼称制度(DOC)


(c) Noriko Horikoshi, Tomomi Inoue 1997-2012
制作:TOMOS-NETWORK,ink.