試飲コーナー

スペインワイン、発見!

Viva!スペインワイン

La Rioja (3)
リオハ
の赤ワイン

La Rioja (4)
La Rioja (2)
Rioja(リオハ)HERENCIA REMONDO

HERENCIA REMONDO
エレンシア・レモンド

Crianza/1995
Bodegas Palacios Remondo, S.A.
(D.O.C. Rioja)

2,500円
《関連商品取扱会社》
・株式会社DF松栄


(Tomomi)
ほどよい甘味と酸味と苦味のグッドバランス。活気があるのに、はしゃぎ過ぎない。タンニンもしっかり。かつて某作家がどこかで語っていた『赤ワインは高ぶる気持を沈静化してくれる』という記述を実感できる一本。穏やかな中にも、カシスや木苺を思わせる酸味が、ほのかに立ち昇る。18度で飲むのがベストと記されているが、室温(試飲した時は23度)でもオッケイ!冷やすと、むしろトゲトゲしく感じられた。日本とスペインでは、湿度の違いがやっぱり影響するんだろうな。

Rioja(リオハ)MARQUES del PUERTO

MARQUES del PUERTO
マルケス・デ・プエルト

Crianza/1994
Bodegas Marques del Puerto, S.A.
(D.O.C. Rioja)

1,200円
《関連商品取扱会社》
・日本酒類販売株式会社


(Tomomi)
軽快、軽妙、軽捷…。最初の一口目からして、口当たりは軽くてスムーズ。何杯でも同じ調子で飲める。華奢だが、一本筋が通っているので、薄っぺらな印象は微塵も感じられない。グラスを重ねるほど、タンニンと酸味のほどよいアクセントも好感がもてる。悪酔いしそうもない。育ちの良さを感じさせるけど、スペインワインらしいアクの強さも欲しいなあ。

Rioja(リオハ)REMELLURI

REMELLURI
レメリュリ

Reserva/1994
La Granja Ntra. Sra. de Remelluri
(D.O.C.Rioja)

3,000円〜3,500円
《関連商品取扱会社》
・株式会社オーデックス・ジャパン
・株式会社やまや


(Tomomi)
うららかな春を想起させるかぐわしい香りに、ココロが踊る。飲み口は優しく快適。まだ若干の荒々しさは残るが、ギュッと凝縮された果実味は力強く逞しい。リオハのニューウェーブは、確かなクオリティとソフィスティケートされた印象を舌の記憶にとどめてくれる。仏メドックのシャトー・マルゴーとシャトー・コス・デストゥルネスで2年間使われた古樽を買付け、なじんだ頃を見計らって自社のワインを熟成されるという話はしたたかでもある。

Rioja(リオハ)ALLENDE

ALLENDE
アジェンデ

Cosecha/1995
Finca Allende, S.L.
(D.O.C.Rioja)

2,000円〜3,300円
《関連商品取扱会社》
・株式会社やまや


(Tomomi)
いま欧米でワールドクラスと評価を得ているスーパー・リオハのひとつ。この年が初ヴィンテージ。飲み口は清明で角がなく、舌に柔らかな膜を張り、ノドを軽やかに滑り落ちる。ボディの骨太さは実感できるのだが、香りは眠っていて華やいだ雰囲気はない。開けるのが早すぎたのか?このワイナリーは、等級表示をしていない。いつ飲み頃なのかの判断がムズカシイのだよ。ボトルの口元にオリか酒石かが結構残る。フィルターを通していないと聞いて、こちらは納得。口から火を吹く(舌を出す?)獅子のような猿のような奇妙な動物のシンボルマークが、微笑ましくもあり、愉快でもある。

Rioja(リオハ)REMIREZ de GANUZA

REMIREZ de GANUZA
レミレス・デ・ガヌサ

Reserva/1992
Bodegas Fernando Remires de Ganuza, S.A.
(D.O.C.Rioja)

7,000円
《関連商品取扱会社》
・株式会社JALUX
・株式会社やまや


(Tomomi)
92年の初ヴィンテージ時に収穫され、瓶詰めされた16,789本の中の一本。樹齢60年の老木から摘まれたブドウの味わいは、水のようにスムーズ。この瞬間、アレレッて感じだったが、酒精はしっかり。独特な苦味をもつが、決して味を損ねるそれではない。二口目の印象も変わらない。しかし、時間が経つと驚くべき変化を見せる。凝縮感のあるブドウ果(テンプラニーリョ90%、グラシアーノ10%)、ココアのような風味、ブラックベリー系の酸味などが一気に花開く。ただ、コルクに何の刻印もなかったのが、残念というか・・・

Rioja(リオハ)MARQUES de CACERES

MARQUES de CACERES
マルケス・デ・カセレス

Crianza/1994
Union Viti-vinicolan, S.A.
(D.O.C.Rioja)

1,900円
《関連商品取扱会社》
・セイワジャパン株式会社
・株式会社アルカン


(Tomomi)
果実味が溌剌としているから、心地良いんだな、コレが。酸味とタンニンがいいバランスでせめぎあっていて、スムーズなノドごしもいいよね。背筋がシャンとしているし、奔放さもある。基本をキッチリとわきまえているし、ツボのおさえ所を知ってるって感じ。リオハ・アルタにボデガを設立したのは1970年と比較的最近だが、スペイン内乱中にボルドーに移住し、かの地で成功したワイン造りのエッセンスが、再び戻ったスペインでちゃんと息づいているのですね。

Rioja(リオハ)COSME PALACIO y HERMANOS

COSME PALACIO y HERMANOS
コスメ・パラシオ エルマノス

Cosecha/1997
Bodegas Palacio, S.A.
(D.O.C.Rioja)

1,800円
《関連商品取扱会社》
・株式会社明治屋


(Tomomi)
柔らかなのどごしとクッキリした果実味がうれしい、カジュアルなワインです。フレンチオーク樽の移り香が、過ぎず控えず快い。キノコのような、雨上がりの草いきれのような香りも。19世紀末、Rioja Alavesa地区の首都Laguardiaに設立された伝統あるボデガの一本は、どっこいモダーンな味がする。

Rioja(リオハ)LAN

LAN ラン
Reserva/1994
Bodegas Lan, S.A.
(D.O.C.Rioja)

1,800円〜2,500円
《関連商品取扱会社》
・株式会社成城石井
・有限会社コートーコーポレーション


(Tomomi)
茶色がかったキレイなルビー色。ウマイッ!果実の凝縮感といい、甘美な味わいといい、ホントにうまいわ。ワインの当たり年の94年モノだしね。Crianzaより10倍ウマイ。コストパフォーマンスの良さが際立った1本でした。hueva de areu'n(マグロのからすみ)でクイッとやると、たまりません。

Crianza/1995
スペインのワインサイトで、ブラックチェリーや焦げたトースト香のあるフルボディタイプと記されていたが、味は薄いなあ。飲みやすいが、キャラクターがおぼろげ。空気に触れるにつれて徐々に輪郭を表してくるが、甘目の口当りがイマイチ好きくない。その割に、酔いの回りも意外に早そうだし。収穫後3〜7年位が絶頂期とラベルには記されているのですが…。

La Rioja (4)
La Rioja (2)
楽天市場
ワインジャンルトップで探す
カスタム検索


スペインワインの産地(ラ・リオハについて) -歴史 - 種類 - 原産地呼称制度(DOC)


(c) Noriko Horikoshi, Tomomi Inoue 1997-2011
制作:TOMOS-NETWORK,ink.