試飲コーナー

スペインワイン、発見!

Viva!スペインワイン

Castilla - La Mancha ラ・マンチャ(5)
D.O.メントリダ/D.O.ラ・マンチャのワイン

Castilla - La Mancha (6)
Castilla - La Mancha (4)
Bajondillo

Bajondillo バホンディージョ
Bodegas Jimenez-Landi
ヒメネス・ランディ
cosecha 2008
(D.O. Mentrida)
メントリダ

《関連商品取扱会社》
・ワイナリー和泉屋
2,520円


スペインはここ数年高品質ワインの生産地としてもガゼン注目されています。かつてスペインのワインと言えば、どっしりと重くてアカ抜けないイメージでしたが、近年意欲的な若手醸造家がめきめき力をつけ、驚くほどポテンシャルの高いワインが誕生しています。ここで紹介するのはそんな牽引車の一人、ヒメネス・ランディが古都トレドの北に広がるDOメントリダで醸した一本です。
まずラベルを見てください。とってもオシャレで華やか!ワインでこんなデザインそう多くありません。グラスに注ぐと、色はブラックチェリーのようなやや黒味を帯びた赤紫色。ほんのりした甘さに加え、シナモン、ハッカクなどのスパイシーな香りが立ち上ります。ひと口含むと、完熟した果実の甘みが口いっぱいに広がり、味わいすこぶる華やかで、こころまでシアワセにしてくれそう。
でもこのプラムを思わせる甘さは、いったいどこから来るのだろう。通常赤ワインは渋く、白ワインは爽やかというのが大まかなくくりですが、これはまさしく「爽やかな赤」なのです。アルコール度が14.5%もあるのに、強さは感じさず、妖艶そのもの。天気のいい休日、心地よい風に当たりながらゆったりとブランチを楽しみたい。そんなシチュエーションにぴったりのワインです。

Templum

Templum テンプルム
Vinos y Bodegas, S.L.
ビノス イ ボデガス
(Vino de la Tierra de Castilla)
ティエラ・デ・カスティーリャ

《関連商品取扱会社》
Spain Gourmet Fair 2010


グラスに注ぐと、テンプラニーリョ(Tempranillo)種の香りが広がります。ひと口目から、酸味があって味わいなめらか。飲みやすく、飲み応えがあるんですね、コレが。
でも、おやっ?cosecha(収穫年)表示が見当たらない。カタログを見てみると、世界最大級のブドウ生産地カスティーリャ・ラ・マンチャに畑を有するボデガとある。これだけでは余り分からないけど、デイリーワインとしてはとってもイイと思うんだ。

Quixote

Quixote キホーテ
Casa del Blanco, S.L.
カサ・デ・ブランコ
cosecha 2005
(Vino de la Tierra de Castilla)
ティエラ・デ・カスティーリャ

《関連商品取扱会社》
Spain Gourmet Fair 2010
12 euro


"La Mancha 3"でも紹介したので二度目の登場です。あの有名なドン・キホーテ(Don Quijote)を少しアレンジして、その名もキホーテ。前回のはカベルネ・ソービニヨン(cabernet sauvignon)とシラー(syrah)のブレンドでしたが、今回はメルロー(merlot)主体で、テンプラニーリョ(tempranillo)とプチ・ベルドー(petit verdot)をプラスした一本。
香りはハッカクやシナモン。味わいホッコリ、チョコレートやココアの味が口中に広がり、ブラックベリーの風味も感じます。タンニンもいい具合に溶け込んでいて、凝縮感バッチリなので、ダレない。飲み飽きない。メリハリのある端正な仕上がりになっています。好きです、この味。シウダ・レアル(ciudad Real)のマンサナレス(Manzanares)という町にあるボデガが醸したワインです。他にプチ・ベルドー種100%もあるとか、ぜひ飲み比べてみたいものですね。

Casa Gualda

CASA GUALDA カサ・グアルダ Seleccion C&J
Bodegas Casa Gualda
ボデガス・カサ・グアルダ
cosecha 2004
(D.O. La Mancha)
ラ・マンチャ

《関連商品取扱会社》
Foodex Japan 2010
・酒のいしかわ
・幸せワイン
1,380円


このボデガのワインも上記同様"La Mancha 3"でも紹介したので二度目の登場です。前回はD.O.レベラ・デル・フカール(Ribera del Jucar)という違う地域で栽培されたワイン。で、これは、D.O.ラ・マンチャ産です。ブドウ品種はテンプラニーリョ100%。今回はスペインワインに詳しい、一家言ある人たちと一緒に試飲したので、その感想を羅列します。
バニラの香りがさわやか。最初は酸味を感じ、最後に渋みが残るので、大人の味かな。どんな料理にも合いそう。ワイルドで獣っぽい感じ。酸はしっかりしてるが、もうちょっと果実味がほしい。もっと熟成しそう、今飲んでも美味しいが、ザラつく感じで、荒っぽさがある。Gran vino para guardarの表示がある。…とかナンとか、言いたい放題ですが、全体的には好印象。かくいう私は、世界一広いラ・マンチャの畑は、良いワインとそうでもないワインが玉石混交。新たなイメージができるまで、生産者にはぜひ頑張ってほしい。と、まとまりのない意見ですが、スペインワインを愛する人からの応援メッセージでもあります。

RiszVillanueva

RUIZ VILLANUEVA ルイス・ビリャヌエバ
Bodega Ecologia Bruno Ruiz
ボデガス・エコロヒア・ブルーノ・ルイス
cosecha 2008
(Vino de la Tierra de Castilla)
ティエラ・デ・カスティーリャ

Foodex Japan 2010
《関連商品取扱会社》
・日本未発売
viva!vinodeespana

La Mancha 4でも紹介したボデガのワインで、こちらはテンプラニーリョtempranillo100%使用。ビオデナミ農法を取り入れたワイン造りを実践。フーデックスにやってきたご夫妻も自然で、とて好感が持てました。さて肝心の味ですが、こちらのワインもブドウ本来、土壌がもつ味が素直に出ています。
製法は、マセラシオン・カルボニカMacerasion Carbonica。日本語では「炭酸ガス浸潤法」と言いますが、色素やタンニンなどの成分を抽出するために、ブドウの種や果皮、果梗をブドウ果汁と一緒に漬け込む「醸し」を、圧搾せずに大きなステンレスタンクに上からどんどん入れて行ないます。ブドウはタンクの下のほうでつぶれ、果汁が流れ出て自然に発酵が始まります。発酵が始まるとタンク全体に炭酸ガスが充満します。このとき、ブドウの細胞内部は酵素の働きによってリンゴ酸が分解されアルコール、アミノ酸、コハク酸などが生成され、ブドウの皮からも成分が浸出します。タンニンが少ない割りに色が濃く、またリンゴ酸も分解されるのでまろやかな味わいのも円やかになります。炭酸ガスにより酸化が防止されるため、ワインは全体的に軽めでフレッシュ感があります。どちらかというと、若飲みタイプに多いのですが、しばらく置いたせいか、すこしくぐもった印象でした。

Punctum

PUNCTUM プンクトゥム
Bodegas Dominio de Punctum
ボデガス ドミニオ・デ・プンクトゥム
cosecha 2010
(Vino de la Tierra de Castilla)
ティエラ・デ・カスティーリャ

《関連商品取扱会社》
Foodex Japan 2011
日本未発売


観光地として有名なクエンカCuenca近く、ペドロニェーラスに100ヘクタールの栽培地を持つボデガ。黒ブドウはテンプラニーリョ、グラシアーノ、シラー、カベルネ・ソービニヨン、シラー、メルロー、プチ・ベルドー。白ブドウはソシャルドネ、ービニヨン・ブラン、ビオニエとさまざまな品種を植栽していて、ここで紹介するのはシャルドネshardoney種100%。
グレープフルーツのほのかに香る、、フレッシュなドライタイプ。と思いきや、酸味も少々あり、マスカットの味わいもある。少し苦味も。家族経営で、徹底的なビオディナミ農法にこだわっている。

Punctum

PUNCTUM プンクトゥム
Bodegas Dominio de Punctum
cosecha 2010
(Vino de la Tierra de Castilla)

《関連商品取扱会社》
Foodex Japan 2011
日本未発売


こちらは、ビオニエviognier種100%。淡い小麦色では、タヒチのマグノリアか。パイナップルの香りがプーンときます。元々ビオニエ種はフルーティで、軽やかなのに、香り高く、味にまろやかやふくらみがあります。グレープフルーツのドライさや塩っぽさもあり、千変万化の味わいが楽しめる。

Zabarron.A

ZAGARRON サガロン
Zagarron Vinos y Vinedos
サガロン ビノス イ ビニェドス
Cosecha 2009
(D.O. La Mancha)
ラ・マンチャ

《関連商品取扱会社》
・日本未発売


1948年創業という伝統にアグラをかくことなく、数年前には最先端技術を駆使した設備を導入。赤、白、ロゼ、カバ、なんでもアリのボデガが作る白。白もいろんな品種で作っているが、これはアイレン(airen)100%。他にもマカベオ(macabeo)、ベルデホ(verdejo)、ソービニヨン・ブラン(sauvignon blan)100%がある。あまり名声のないマカベオだが、ラ・マンチャ原産種で、病気に強く、気候にも強い。それって、だいじ。味わいは単調だが、スッキリ軽快、シャープでゴキゲン。夏キンキンに冷やして飲むとグラスが進む、進む。

 

Castilla - La Mancha (6)
Castilla - La Mancha (4)
楽天市場
ワインジャンルトップで探す
カスタム検索


スペインワインの産地(ラ・マンチャについて) -歴史 - 種類 - 原産地呼称制度(DOC)


(c) Noriko Horikoshi, Tomomi Inoue 1997-2012
制作:TOMOS-NETWORK,ink.