試飲コーナー

スペインワイン、発見!

Viva!スペインワイン

Catalunya (5)
D.O.ペネデス/D.O.プリオラート
D.O.コンカ・デ・バルベラ赤ワイン

Catalunya (6)
Catalunya (4)
Penedes(ペネデス)nara

NARA ナラ
Crianza/2003
Bodega Can Bonastre
(D.O.Penedes)
ペネデス

・日本未発売


テンプラニーリョじゃなさそうですね。シラーっぽくて、なかなかの力強さもある。カタログを見ると、ブドウ品種はカベルネ・ソーヴィニヨン(90%)とシラー(10%)とある。納得。カカオのような、甘草のような、甘さがあり、トースト香、クローブなどが渾然一体となってなってせめぎあう。味わい深い酸味もあり、バニラ系の甘さも口の中で囁き、七変化する味わいがなんとも面白い。
Naraとはまた日本っぽい名と思いきや、実際オーナーの娘さんの名前だそうです。日本の奈良びいきが、ブランド名になったとか。モンセラ山の隣り、海抜300mに位置するブドウ畑は、地中海の風を受け、このカタログが言う通り天国と大地が与えたもうた恵み。ポテンシャルの高さは稀有だ。こういう美味しいワインが、これを記している時点で日本で手に入らないのは残念というほかありません。
カタログでは「untuoso」と粘性を言っているようですが、味わいはさにあらず、実に優しく包み込んでくれるのです。この日はjamon ibericoと合わせてみましたが、えも言われぬ至福の一時でした。ほんわかとぼうようとしていて、包容力がある一本です。

Priorat(プリオラート)Galena

Galena ガレーナ
Cosecha/2002
Domini de la Cartoxixa, S.L.
(D.O.Q. Priorat)
プリオラート

5,990円
《関連商品取扱会社》
・テオーリアコミュニケーション株式会社


ガーネット色のクリアンサは、やっぱ濃密。ダークチョコレート、バルサミコの酸味,タンニンもしっかり。クロス・ガレーナ(Clos Galena)に次ぐ、同ボデガのセカンドワイン的な位置づけだが、クオリティの高さは特筆もの。ガルナッチャネグラ(35%)メルロー(25%)カベルネ・ソーヴィニョン(25%)カリニェナ(15%)のブレンド。このどっしりとした重厚感。長く持続する余韻。有機栽培に徹した味は、複雑きわまりない。
体調を整えてちゃんと向き合わないと、飲み手が負けてしまいそうなパワーを持っています。ジビエの炭火焼、牛の煮込み料理あたりに合うんじゃないかな。ズバリ、飲み頃です!

Priorat(プリオラート)salanquer

LES SALANQUES
レス・サランケス

Cosecha/2000
Celler Mas Dois, S.L.
(D.O.Q. Priorat)

2,900円
《関連商品取扱会社》
・和泉屋


一口含むと、う〜ん何と言う素敵な香り。後味はクッキリと濃密やね。このプリオラートという地はテンプラニーリョの作付けが難しいため、違うブドウ品種を育てています。その一方、Toro地区なんかと同様にアルコール分が高いという共通項があるようです。ブドウ自身が持つポテンシャルが相当に高いんだろうね。コールタールといっては大げさだが、時にインクのような味わいもそれなりにイケでます。でも香りはいたって爽やかで、口の中に広がる味わいはスミレのように軽やかでもある。

Conca de Barbera(コンカ・デ・バルベーラ)Llopetera

La Llopetera
ラ・ヨペテーラ

Cosecha/2003
(D.O. Conca de Barbera)
コンカ・デ・バルベラ

4,200円
《関連商品取扱会社》
・株式会社コスモ・ジュン


スペインではとても珍しいピノ・ノワール100%のワインは、とても濃密で樽も程良い感じ。バロセロナ生まれの若き醸造家が2003年に初リリースした驚きの自然派ワインです!ビオディナミ栽培のブドウは丁寧に手摘みで収穫され、完全でないブドウは全て手作業で取り除かれます。SO2無添加、無濾過でボトリングなど、そのこだわりはハンパではありません。
ペネデスのCau Rafols dels Causで醸造を学び、1998年にPenedesの西、Prioratの北東に位置するこの地に畑を購入し、ピノ・ロワールやメルロといった品種を植えているようです。果実感とともにミネラルたっぷり。というのも、有機栽培の賜物でしょう。ここで紹介しているピノ・ノワール種が鳥の絵柄なのに対して、『Coll del sabada』という名前で出ているメルロー版の絵柄はイノシシなど。どれも凝ってますよね。

Priorat(プリオラート)SCALA DEI

SCALA DEI
スカラ・デイ

cartoixa reserva/2001
Cellers d'Scala Dei. S.A.
(D.O.Priorat)

5,250円
《関連商品取扱会社》



色調は赤紫。一口、ウマイ。一見若い色合いだが、よくこなれているというか。口当たりは滑らかとはいえず、むしろ荒々しくもあるけれど、それでいてキチンとまとまっている。余韻として残る適度に甘いチョコレート香も舌に刻まれ、素晴らしい。この手の旨いワインを飲むと、他のワインではなかなか満足できなくなるのが困ったものです。
スカラ・デイは、1163年モンサントの麓にシトー派教団によって創設された由緒あるブドウ園。フィロキセラ被害により19世紀に一度栽培が中断されたが、1970年代に再建されました。紹介する一本は樽熟成3年の限定品。Scalaは「階段」、Deiは「神」。つまり神の階段(天国への階段)なのですね。レッド・ツェッペリンの同名の曲を聴きながら飲むのも一興か。

Priorat(プリオラート)Iugiter

IUGITER イウヒテール
Seleccio de Vinyes Velles
Cosecha/2000
La Conreria d'Scala Dei
(D.O.Priorat)

《関連商品取扱会社》



これもScala Dei。最近めっきり減った長い長いコルク栓。一口目、味わいが蕾のままで堅い。しかし、香りはいいぞ(時間の経過を待つとしようか)。ふむふむ、少しずつ香りが開いてきました。いいぞ。アルコール分14.5%はやはり結構きますね。プリオラートらしいといえば、プリオラートらしい。フィルタリングしてないので、色合いも濁り気味。舌にざらつく。瓶底に残ったオリもすごい。滋味というかなんというか・・・。

Penedes(ペネデス)Artiga Fustel

Artiga Fustel
アルティガ・フステル

Cosecha/2001
Vinicola de Priorat, SCCL.
(D.O. Penedes)

2,100円
《関連商品取扱会社》
・株式会社モトックス


熟したアンズの風味が心地よい。タンニンもしっかりとしていて、ガツンとくるのだが,いかんせん余韻があまりこない。ボトルの首の部分が長くて、見た目スレンダー。カベルネ・ソーヴイニヨン&メルロー種を50%ずつ使い、オーク樽で9カ月寝かせています。果実味もタンニンもしっかりした、複雑味のある味わいに特徴があります。バニラのニュアンスが心地よい。
ブドウは手摘みで丹念に収穫され、オーク樽内でマロラクティック発酵。スペイン人ソムリエ マティー・ケール氏がペネデスの生産者協同組合の協力を得て「リーズナブルで高品質なワイン」を生み出すために、こだわってプロデュースした一本とか。

Penedes(ペネデス)Ops

OPS d LOXAREL
オプス・ド・ロクサレル

Cosecha/2002
Masia Can Mayor,S.L.
(D.O.Penedes)

1,260円
《関連商品取扱会社》
・マルカイコーポレーション株式会社


キレイなルビーの輝き。シダー香が立ち上がる。味はフルーツ系というより、サラッとした植物系。飲みやすいだけに要注意!飲み続けると後がコワイのであります、私の場合。
細身のボトルに、スペイン産ブドウのスター的な存在のテンプラニーリョ種が息づく。カタルーニャではウル・デ・ジェブレと呼ばれるそうです。カベルネ・ソーヴィニヨン、メルロー、テンプラニーリョのブレンド。飲みやすいのですが、といって薄いわけではありません。かなりバランスのとれた風味に仕上がっています。穏やかであり,柔らかであり,一点のクスミもない。翌日もすっきりと軽快で、バランスさらによし。OPSとは、ギリシャ神話で「豊穣の女神」を意味するとか。ボトルに記された説明文は、日本文を記したラベルにべっとりと覆われていて読めません。残念!

Catalunya (6)
Catalunya (4)
楽天市場
ワインジャンルトップで探す
カスタム検索


スペインワインの産地(カタルーニャについて) -歴史 - 種類 - 産地 - 原産地呼称制度(DOC)


(c) Noriko Horikoshi, Tomomi Inoue 1997-2012
制作:TOMOSNETWORK,ink.