試飲コーナー

スペインワイン、発見!

Viva!スペインワイン

Catalunya (1)
カタルーニャの赤ワイン

Catalunya (2)
Castilla - La Mancha (6)
Penedes(ペネデス)CORONAS

CORONAS
コロナス

Cosecha 1995
Miguel Torres
ミゲール・トーレス
(D.O. Penedes)
ペネデス

980円〜1,500円
《関連商品取扱会社》
・サントリー株式会社
・株式会社やまや


(Noriko)
ペネデスの赤にしては、酸味が大人しめで甘みもやや控えめ。ブラックベリー、スパイス、バニラなどの香りがコンパクトにまとまっていて、ほどほどの熟成感もあり。ミゲル・トーレス社のほかの銘柄に比べて派手さはないけれど、そのぶん合わせる料理を選ばないし、値段を考えれば日常用としてはまず申し分のないレベルだと思います。

(Tomomi)
フルーティでまろやかな香り。ひとくち、ウマイ!飲み応えもある。というのも、甘みの中に滋味と苦味が同居し、微妙なアヤを構成しているからだろう。若いのにヤワじゃない。甘さに流されない頑固さを垣間見ることができる。比較的飲みやすいサングレ・デ・トロとは一線を画する、独特なクセがイイのだ。トーレス社の太っ腹、懐の深さを感じる一本。Gran Coronasはもっと好き。

Penedes(ペネデス)MONISTROL

Marques de MONISTROL
マルケス・デ・モニストロル

Reserva 1990
Marques de Monistrol
( D.O. Penedes)

890円
《関連商品取扱会社》
・株式会社やまや


(Noriko)
香りは素晴らしく複雑(乾しプラム、スパイス、オーク、ミルクっぽい香りetc....)。で、口に含むと「あららら」という感じ。酸味が涸れてしまっていて、平板。飲み頃はとっくに過ぎて、下り坂をてくてく歩いているワインという印象でした。全体的にちんまりまとまっているので、シンプルな味付けのチキンなんかにはおい しいかも。

(Tomomi)
開封時は感じなかった芳香が、空気に触れるとしっかり立ってくる。さわやかな飲み口とほどよい酸味が、最後の一滴まで続く。味わいがシャンとしていて、気分を高揚させてくれるハツラツさがある。後口にほのかな苦味が残るのも、好ましいアクセントになっている。

Penedes(ペネデス)GRAN SANGRE DE TORO

GRAN SANGRE DE TORO
グラン・サングレ・デ・トロ

Reserva/1993
MIGUEL TORRES
( D.O. Penedes)

1,180円〜1,900円
《関連商品取扱会社》
・サントリー株式会社
・株式会社やまや


(Noriko)
果実香、オーク香、甘み、酸味がすべて備わっていて、バランスがいいと言えば言えるのかも。ただ、全部が全部過剰な感じで、ミニスカートのピチピチ娘がワーワーキャーキャー騒いでいるイメージが浮かんでしまう...。どんな料理と合わせたらおいしいのか考えてみます。

(Tomomi)
なじみのブランドだから皮肉のひとつも言いたいのだけど、好きなんだな、コレ。実にワインらしいワイン(ナンのこっちゃ…)だと思う。酸味がかなり強いが、時間の経過とともに、まろやかになる一方で、ラズベリーを思わせるフルーティな味わいが顔をのぞかせる。タンニンも穏やか。時間をかけて静かに飲むもよし!陽気 にワイワイ飲むもよし!

Priorato(プリオラート)CLOS DE L'OBAC

CLOS DE L'OBAC
クロ・デ・ロバック

Cosecha/1992
Costers del Siurana
(D.O. Priorat)
プリオラート

7,000円〜9,000円
《関連商品取扱会社》
・株式会社JALUX
・株式会社やまや
・株式会社おかじまや


(Tomomi)
ウン!これは飲み易い。ほのかなラズベリーのような酸味もイイね。何とピュアなことか。何と混じりけのないことか。でもね、意外と言ってはなんですが…近ごろ人気のプリオラートは、もっと凝縮感があるのかと思っていた。それなのに、スッキリしているから驚き。これが、いま注目のスーパー・スパニッシュ(かの地では"Vinos de alta expresion"というらしいが)の代表的なスタイルなのだろうか? ウマイね、確かにウマイ。でも、スペインワインらしさはどこへいっちゃったのだろう。ゴメン、ちょっと酔ったみたい。

Penedes(ペネデス)GRAN CAUS

GRAN CAUS
グラン・カウス

Cosecha/1991
Can Rafols del Caus
(D.O. Penedes)

2,500円〜4,000円
《関連商品取扱会社》
・株式会社やまや
・株式会社おかじまや


(Tomomi)
長いコルクを使っているワインは上等だと、どこかで聞いたことがある。この話がホントウなら、これは合格だね。先端が濃紫色に染まり、ほどよく湿ったコルクが、なんかイイ感じ。開封するや、シダーやクローブが香り立ち、ふくよか。タンニンがうまく溶け込み、口当りもスムーズ。エレガントなブーケ(熟成香)、舌に感じる若干の刺激…。味はもちろんだが、語りかけてくるさまざまなファクターが飲む人をやわらかく酔わせてくれる。

Penedes(ペネデス)CAN FEIXES

CAN FEIXES (Negre Seleccio)
カン・フェリクス
Cosecha/1994
Can Feixes
(D.O. Penedes)

1,200円〜1,800円
《関連商品取扱会社》
・株式会社やまや


(Tomomi)
深いレンガ色で、紫は消えている。酸味、濃醇な果実感あり。骨組みがしっかりして、凝縮感を舌に感じとれる。風味の濃さ、複雑なまろやかさ、長い余韻…。醸造学的にいうと、カベルネ・ソーヴィニヨンにテンプラニーリョ、メルロをアッサンブラージュしているそうだ。見事なブレンドの妙が見てとれる一本。

Penedes(ペネデス)JEAN LEON

JEAN LEON (Merlot)
ジャン・レオン
Cosecha/1995
Jean Leon, S.A.
(D.O. Penedes)

4,500円
《関連商品取扱会社》
・株式会社オーデックス・ジャパン


(Tomomi)
ひとことで言うなら、威風堂々。レーガン元大統領やハリウッドのそうそうたるスターに愛されたというエピソードはともかく、初めてこのワインの名を聞いた時、俳優のジャン・レノが頭に浮かんだ。あの風貌、あの体躯。さてひと口飲んでの印象だが、思った通りズッシリとふくよかでイイ感じ。媚びを売らず、かといって野放図でもなく収まる所にちゃんと収まっている。こういう王道を往くワインに出会うと、ボキャブラリーの貧困さを痛感してしまう。あわてない、急がない。そう「動かざる山」の如し。手応えも飲み応えもある、存在感のあるワインといえよう。

Penedes(ペネデス)BACH

BACH
マシア・バック

Cosecha/1997
Masia Bach,S.A.
(D.O. Penedes)

1,165円
《関連商品取扱会社》
・メルシャン株式会社


(Tomomi)
甘くて穏やかな香りが柔らかく立ち昇り、ほのかな酸味と滋味が心地良いアクセントを醸している。バランスはそれなりに取れているのだが、いまひとつ勢いというかポテンシャルを見い出せない。開栓後しばらく放置しておいても、味にあまり変化は感じられない。堅さはないのだが、薄いという印象だけが残ってしまった。

Catalunya (2)
Castilla - La Mancha (6)
楽天市場
ワインジャンルトップで探す
カスタム検索


スペインワインの産地(カタルーニャについて) -歴史 - 種類 - 産地 - 原産地呼称制度(DOC)


(c) Noriko Horikoshi, Tomomi Inoue 1997-2016
制作:TOMOSNETWORK,ink.